建物のリノベーションについて、詳しく丁寧に解説するサイト『リノベーションで新生活』
建物のリノベーションについて、詳しく丁寧に解説するサイト『リノベーションで新生活』

 

リノベーションとは、既存の物件を改修して生まれ変わらせることです。
外壁の補修や塗装の塗り替えなども含まれます。
それは単に古くなった部分を改修してきれいに仕上げるリフォームとは違います。
そこに住む人のライフスタイルに合わせた住居を実現するために、住居の間取りやキッチン、
浴室の水回りから排水設備にいたるまで全て見直した上で、出来る限り理想の生活空間を
新たにデザインすることです。
それがリノベーションをする価値であり、リフォームとの大きな違いです。
このサイトではリノベーションとは、リフォームとの違いはなどについて解説しています。
これを読むことで魅力的な住宅を実現するお手伝いになるようでしたら幸いです。

リフォームの違い

リフォームとリノベーションの違いを正しく理解している人は多くないでしょう。同じような意味に思え、具体的に何が違うのか説明できない人が大半だと思います。

工事内容

次のような工事内容ならリノベーションと言えるでしょう。・間取りの変更や水回りの全面改修等で、機能性を大きく向上させること。

新築より安い

駅からの距離、規模がほぼ同じの似たような物件でも、築年数の違いだけで価格は数百万〜数千万円の差がつくこともあります。

耐久に不安

築年数の経っている古いマンションや一戸建ての中には、耐震性などが現在の法律の基準を満たしていないものもあります。

現状回復

リフォームとは老朽化した建物を新築当初の性能に戻すことを言い、壁紙の張り替えなどの比較的小規模な工事を指します。

新築ならリフォーム

このような定義からすれば、築年数が新しい物件では機能や耐久性、安全性等を大幅に向上させることはそうないので、リノベーションの必要はありません。